子供の生命保険の選び方

生命保険の選び方として、これまでは「万一、亡くなったら○千万円、受け取れる」といった、死亡保険が主流でした。そのため、子供に死亡保険をかけているケースも多かったのですが、よく考えたほうがいいでしょう。
一家の主がなくなった場合には、残された家族の生活のため、大金が必要です。しかし、不幸にして子供が無くなった場合、大金は不要です。もちろん、子供を亡くした失意を保険金が多少なぐさめてはくれるかもしれませんが、喜ぶ親はいませんし、親が健在であれば大金は不要なわけです。

続きを読む

生命保険の選び方と特約

生命保険の加入時に、保険会社の外交員に勧められるまま加入して、内容をよく把握していないという人がとても多いと思います。たしかに契約の内容は難しそうで、小さな字でいろいろ印刷してあります。生命保険の選び方のコツがわからないまま加入しているため、そういったことが起きがちです。そういった失敗を防ぐために、特に重要なポイントをお伝えしましょう。

続きを読む

加入目的を考えよう

生命保険に加入するにあたり、内容をしっかり把握している人は、意外と少ないものです。
保険会社の人に勧められたものに入ったが、内容をあまりわかっていない、というケースが多々あります。
そもそも、自分が入っている生命保険の目的が何なのか、はっきりさせておきましょう。
自分の死後に残される家族へのものなのか、貯金目的なのか、病気や怪我をした際の医療費目的なのか、といったことです。

続きを読む

60歳以上の生命保険の選び方

60歳以上の方の生命保険の選び方ですが、貯金のつもりで入るのはやめましょう。従来、多くの方が、万一死亡するようなことがあれば残された家族は大金を受け取れる、指定の年齢まで無事であれば、生存給付金が得られるということで、貯蓄代わりにしている方が多かったのです。しかし、現在のように金利が低いときは、貯蓄性はたいへん低いのです。
60歳以上の方の生命保険の選び方としては、死亡保障ではなく、医療保険を中心に考えることをおすすめします。高齢者のニーズは、自分が病気になった場合です。

続きを読む

生命保険の選び方のコツ

生命保険の選び方のコツですが、ひとことで言えば、自分の年齢や生活環境、将来設計を、まずは自覚する、ということです。
それがはっきりしなければ、どういった内容が適しているのか、決められないのです。一人ひとり、必要な保証は異なります。最適な生命保険は異なっているのです。
たとえば、結婚して子供がいれば、万一自分が不慮の事故や病気で亡くなっても子供の教育や生活を考え、学資保険や死亡保険に入るのが妥当です。

続きを読む